大和ハウスグループの介護付有料老人ホーム【もみの樹・練馬】

メニュー

もみの樹・練馬

館内/居室のご案内

広大な敷地に中庭、
屋上庭園を有するゆとりある館
館内/居室のご案内

館内案内

心身の状態が近い方同士で暮らすフロア別介護

周りに気を遣わず生活できるよう、心身のご状態の近い方を同じフロアにお集まりいただいています。1階は身の回りのことがご自身で出来る方にお暮らしいただくフロア、2階は医療的ケアが必要な方にお暮らしいただくフロア、3階は身の回りにお手伝いが必要な方にお暮らしいただくフロアとなっております。4階は日常的にはリハビリを行い、もみの樹祭りなど大型イベントの会場としても活用しています。

4階

豊かさを広げる多彩な共用スペースが集うフロア

多彩な共用スペースがあるフロアです。機能訓練室としても使われる多目的ホールはリハビリを行うほか、イベントやサークル活動にご利用いただくことができます。また屋上庭園では日光浴や草花などの植物とのふれあい、そしてご入居者が集まる場所としてご用意しております。宿泊可能なゲストルームもございます。

  • 屋上ガーデン

    屋上ガーデン

  • 多目的ホール

    多目的ホール

  • ビューティールーム

    ビューティールーム

3階

身の回りにお手伝いが必要な方にお暮らしいただくフロア

主に身の回りにお手伝いが必要な方にお暮らしいただくフロアです。お食事を含めた日常のコミュニケーションを深める共用スペースとして、リビングダイニング(3階・2階・1階の各フロアにあり)、回想療法などにも活用できる娯楽室をご用意しております。

  • リビングダイニング

    リビングダイニング

  • 回想部屋

    回想部屋

  • スタッフテーション

    スタッフテーション

2階

医療的ケアが必要な方にお暮らしいただくフロア

医療的ケア及びお手伝いが必要な方にお暮らしいただくフロアです。健康管理室では看護スタッフが24時間体制でご入居者の健康を見守ります。浴室は、一般浴槽に加えて、座位を保つことが難しい方でもご入浴が可能な機械浴槽をご用意しております。

  • 健康管理室

    健康管理室

  • 娯楽室

    娯楽室

  • 機械浴室

    機械浴室

1階

身の回りのことがご自身で出来る方にお暮らしいただくフロア

身の回りのことがご自身で出来る方にお暮らしいただくフロアです。ご家族やご入居者同士の気軽な語らいの場としてご利用いただくことのできる談話コーナー(3階・2階・1階の各フロアにあり)をご用意しております。また、テラスと一体となった中庭では、さわやかなひと時をお過ごしいただくことができます。

  • ロビー

    ロビー

  • 談話コーナー

    談話コーナー

  • 中庭

    中庭

居室のご案内(モデルルーム)

居室見取り図
●衣装ダンスには、サイドテーブルとしても使える可動式ワゴンをご用意
●快適な位置に調整が可能な、幅広の電動式ベッド
●ベッドやトイレにスタッフステーションと繋がる緊急コールシステムを設置
●温水洗浄機能付トイレ、自動点灯・消灯機能の洗面ユニット

※心身の状態に応じたフロア別介護を原則としており、ご状態の変化などに伴い、より適切な介護をご提供するために必要と判断する場合は、ご同意の上、居室を変更していただくことがございます。(この場合、専用居室の権利は変更後の居室に引き継がれ、追加費用は必要ありません)

施設概要

施設名

もみの樹・練馬

開設年月

2002年4月1日

所在地

東京都練馬区平和台2-50-1

電話番号

03-5921-1005

FAX番号

03-5921-1006

交通の便

東京メトロ有楽町線・副都心線「平和台駅」1番出口より約600m

ホームページアドレス

https://www.mominoki-life.com/

室総数

85室(全個室) (18㎡)

定員数

85名

敷地概要

所有

建物概要

所有

建物の構造

鉄筋コンクリート造

敷地面積

2786.57㎡

延床面積

4411.49㎡(うち有料老人ホーム4411.49㎡)

緊急通報装置等の種類
及び設置箇所

居室に緊急コール、緊急押しボタン、共用トイレに緊急押しボタンを設置、各スタッフ保有のPHS及びスタッフステーションにて受信対応



「東京都有料老人ホーム設置運営指導指針」に基づく類型及び表示事項

[類型]介護付有料老人ホーム(一般型)
居住の権利形態

利用権方式

入居時の要件

要支援・要介護

介護保険

東京都指定介護保険特定施設(一般型特定施設)

居室区分

全室個室

介護に関わる職員体制

1.5対l以上※

※要介護認定を受けている方に対して、現在及び将米にわたって、要介護者1.5人に対して職員l人以上の割合(年皮ことの平均値)で介護にあたります。これは、介護保険の特定施設入居者生活介護サービスの職員配置基準(3対l以上)を上回る手厚い体制であり、保険外に別途費用を受領できるとされています。なお、職員配置基準は、非常勤職員については、常勤職員に換算する方式で行います。また、常時要介護者1.5人に職員l人がお世話するものではありません。

特に記載のない施設・設備写真は2013年4月撮影。
その他はイメージです。