大和ハウスグループの介護付有料老人ホーム『もみの樹・横浜鶴見』

Service

サービス

大切な家族のための
誇れる暮らしを

中庭 2009年3月撮影

安心の運営体制


ご入居者へのサービスの質の
向上を目的として人員配置。

もみの樹・横浜鶴見

館長幾田 恵子

自己紹介

安心・安全に生活していただくことはもちろん、スタッフ一人ひとりがご入居者の代弁者となる事でご家族のように寄り添う事ができるのではないか、そしてたくさんの笑顔を見せていただけるのではないかと考え、以下のような事に取り組んでいます。
①日々のレクリエーション・アクティビティの充実、②おやつイベントなどの食べる楽しみの提供、③お元気な頃に住んでいらっしゃった場所への外出同行などの思いの実現。まずはご入居者の想いを伺うところから始め、1つ1つ実現していきたいと思います。

もみの樹・横浜鶴見の魅力

横浜市鶴見区は区制90周年を今年迎えた歴史の街です。昭和の大スター「石原裕次郎さん」の墓所「総持寺」があり法要の時には「かの軍団芸能人」が集います。一級河川の「鶴見川」の川沿いには、サクラの名所「県立三ツ池公園」など鶴見川親水スポットがあり、歴史と文化に恵まれた住環境の街に当館があります。

もみの樹・横浜鶴見の運営方針

当館は各フロアの中心に自然の光を折り込んだ開放感あふれる明るいリビング・ダイニングルームや四季の移ろいを感じる事ができ、暖かな日差しを感じる事ができる中庭やテラスを備え、緑に包まれながら、季節を感じ取れる緩やかな時間と暮らしを提供できます。また「フロア別介護」によりお体の状態、状況に応じた身体介護、認知症の方にやさしい環境作りを実践しております。スタッフ一人一人がご家族の代わりに寄り添い、共に笑顔になれる事を目指しております。

CUBE of LIIFE メディカル リハビリ ケア

安心に包まれて、自分らしさを損なうことなく、快適にお過ごしいただく。
そのために、もみの樹では、安心のための充実したメディカル、
自分らしさの適切なリハビリ、快適な暮らしのための多様なケアを、重要テーマとしています。
これら3つの重要テーマを軸として、環境と安心の運営体制を含めた5つの面で
ご入居者の皆さまのQOL(クオリティ・オブ・ライフ)をトータルに支えることが
もみの樹のコンセプト キューブ・オブ・ライフ なのです。

ご入居者の皆さまの
快適な暮らしを支えます。

ケ ア

ご入居者の暮らしを守る
『ケア(介護)』

コンタクトパーソン制度

ホームのスタッフとご入居者の関係ではなく、自分の家族や「とても大切な人」という考え方をもち、ご入居者と1対1で向き合い、その方の望みの実現に向けて支える役割を担います。

認知症ケア

ご入居者からみえるところにスタッフがいることで、認知症のご入居者の不安を悠揚な日常へといざないます。そして、心地のよい生活環境を整えるために、その方を知り、ありのままを受け入れ、共に笑顔になることを目標としケアを提供致します。

フロア別介護実践

自立から要介護、医療行為が居る方、認知症の方等、入居者の心身の状態に合わせた生活サービスが提供できるよう環境・人員を配しております。状態の変化により、館内でより生活しやすいフロアへ住み替えることもできます。

看取りケア

看取りケアを実践しており、最期の時をご家族様と一緒にご入居者に寄り添い、穏やかな時を過ごせるよう勤めさせていただきます。また24時間看護スタッフが常駐しており、主治医と連携して苦痛の緩和等、医療行為もご希望に合わせて提供させていただきます。

メディカル

安心のための充実した
『メディカル(医療)』

健康管理や医療サポート
万が一の昼夜問わない
医療ケアも対応できる住まい

24時間看護スタッフによる夜間も
対応可能なケア

胃ろう・鼻くう栄養・中心静脈栄養 口からのお食事が困難になった場合も対応
がん末期・ターミナル 早朝や夜間に起こる急変も迅速に対応
インシュリン注射 毎食前インシュリン注射も対応
摘便 常時対応
気管切開・夜間たん吸引 「24時間常時」、たん吸引を行うことができます。「日常帯夜間問わず」、たん吸引が可能です。1日6回が目安です。6回以上は要相談
床ずれの処置 こまめな体位交換から清潔を保つためのガーゼ交換、そして栄養面からのサポート、そして継続したケアを提供

リハビリ

身体能力の維持を図る、
各種『機能訓練(リハビリ)』プログラム

言語聴覚士による口腔嚥下機能向上
リハビリプログラム

当館では、言語聴覚士(非常勤)を配置し、主に「話す」「聞く」といった言語機能、そして嚥下機能の維持を図るプログラムを実施しております。

お口から食べることを目標に

摂食嚥下
リハビリテーション
プログラム

胃ろうや経鼻経管栄養の方へ

日頃の口腔ケアと
お口の機能低下予防
プログラム

多目的ホール(機能訓練室と併用)

お一人おひとりに合った
リハビリプログラム

1人で行うよりも人数効果(私も負けずに頑張ろう等)が見込まれる数人で歩行練習やバランス練習などを行うプログラム(施設でも積極的に取り入れられている方法)や一時的な入院や体調不良により機能が著しく低下された方やご自分で身体を動かすことが難しい方へは個別のプライベートリハビリを実践しています。

また、ご入居者のご要望により外部リハビリとの組み合わせをご提案いたします。


フロアなど生活場面での生活リハビリ

日常生活の動作時にはご本人の機能や能力を最大限に生かせる働きかけを行いご自身で行えることを増やしていきます。

また、もみの樹・横浜鶴見では、リハビリに転倒予防体操(運動)を導入しています。


「立つ、歩く」を安全にサポートする歩行訓練ツール

~リフト機能で安全に立ち上がり、
免荷機能で負担を軽減して歩行~

簡単 -Easy-

短時間で準備完了、リフト操作も簡単です。
 

安全 -Safety-

利用者も介助者も安心して立ち座りや歩行訓練を行えます。

小型 -Compact-

横幅80㎝以上であればベッドサイドでも歩行訓練が可能です。

腰に付けたハーネスを持ち上げて体重の大部分を免荷することにより、立つことさえも大変な方でも歩くことを補助する歩行訓練ツールです。

※『POPO』『ポポ』は株式会社モリトーの登録商標です。

四季の移ろいを感じることができる
日差し暖かな開放感あふれる中庭やテラス

緑に包まれながら、季節を感じ取れる日々。
そんな毎日を実現するために、当館では、南側に遊歩道と開放感ある中庭を。
ゆるやかに流れる時間に身をおけば、この住まいの心地よさは高まります。

お一人おひとりに合った
きめ細かなケアサービス

お食事

お身体の状態に合わせた調理法でご対応いたします。また、ワンランクアップした特別食などもご用意。また、ご家族やご友人とお食事ができるゲスト食もご用意しております。

身の回りの洗濯

専門スタッフが日曜日を除き毎日実施いたします。介護・看護スタッフがご入居者皆さまのケアに専念できる体制を整えております。

快適な暮らしのための取り組み

身体能力の維持を図る、各種『リハビリ』プログラム

感動プロジェクト

ご入居者がこれからも一層充実した人生をお送りいただくお手伝いをするため、企画・実施しています。

旅行プロジェクト

旅行という目標を設定することで喜びを見出し、より生き生きと生活していくことを目指して1年に2回企画しています。

オンリーワンプロジェクト

いくつになっても自分らしく生きることを大切にして欲しい、という願いから企画。ご入居者のかけがいのない夢や思いを実現していただくために、スタッフがそのお手伝いをし、そこから生まれる感動や希望を生きる力や喜びにしていただく、まさにご入居者お一人おひとりに寄り添ったプロジェクトを展開しています。

認知症ケアプロジェクト

当社では、認知症ケアプロジェクト「D'sケア」を実施。ご入居者の不安を安心に変えられるよう、その方を受け入れ、見守り、寄り添います。そして、ご入居者と共に笑顔になることを目指します。

大和ハウスグループとして

共に創る。共に生きる。

大和ハウスグループは、
グループシンボル「エンドレスハート」に
お客様と私たちの永遠の絆と
私たちグループの連帯感を託しました。
人・街・暮らしの価値共創グループとして、
私たちは社会に新しい価値を築いてまいります。

大和ハウスグループとして