トップ > 会社概要

会社概要

社長あいさつ

変わらぬサービスと、より心のこもったふれあいを これからも

代表取締役
高山 隆夫

 私たち大和ハウスライフサポートは『人・街・くらしの価値共創グループ』を標榜する大和ハウスグループの一員として、介護型と住宅型併設の有料老人ホーム「ネオ・サミット湯河原」、「ネオ・サミット茅ヶ崎」及び介護付有料老人ホーム「もみの樹・練馬」、「もみの樹・杉並」、「もみの樹・横浜鶴見」、「もみの樹・渋谷本町」の計6施設の運営を通じて、これまで長い人生を歩んでこられたご高齢者が、これからも一層充実した人生をお送りいただくお手伝いをするため、家庭的な温かい雰囲気の中で日々楽しくお過ごしいただける暮らしの場の創造を目指しています。
 「ネオ・サミット」シリーズでは、ご入居者個々人の尊厳を重んじ、自立支援を旨とすること。さらに、定期的・客観的にニーズを把握し、満足度の高いサービスのご提供を理念に掲げ、又「もみの樹」シリーズでは尊厳が守られ、自立へのお手伝いと併せて家庭的な雰囲気のもといきいきとした張りがある、安全安心な暮らしのご提供を理念としております。
住宅や商業施設、一般建築等幅広い事業展開を進めてきた大和ハウスグループの経営ビジョンである「心をつなごう」のもとご高齢者にとって快適な住まいや暮らしの場の創造は、超高齢社会となった今日、私たち大和ハウスライフサポートにとってますます大切な役割との認識を強くしております。
 これからもより一層、従業員一同心を一つにして取り組んでまいりますので、ご支援のほど宜しくお願い申し上げます。

会社概要

商号 大和ハウスライフサポート株式会社
所在地 東京都港区三田3-1-7 三田東宝ビル6階
電話 03-3456-4165 FAX 03-3456-4175
→地図
設立年月日 平成12年10月26日
資本金 1億円
出資構成 大和ハウス工業株式会社 (100%)
従業員数 361名(平成29年4月1日現在)
事業内容 有料老人ホーム事業の企画・運営・管理等
運営施設
                    
ネオ・サミット湯河原
静岡県熱海市泉17-2 (昭和58年7月7月開設)
電話 0465-63-6432 FAX 0465-63-6438
ネオ・サミット茅ヶ崎
神奈川県茅ヶ崎市東海岸南4-3-3 (平成24年12月開設)
電話 0467-83-3310 FAX 0467-58-9188
もみの樹・練馬
東京都練馬区平和台2-50-1 (平成14年4月開設)
電話 03-5921-1005 FAX 03-5921-1006
もみの樹・杉並
東京都杉並区和泉3-52-8 (平成18年3月開設)
電話 03-3322-7122 FAX 03-3322-7123
もみの樹・横浜鶴見
神奈川県横浜市鶴見区北寺尾4-3-1 (平成21年4月開設)
電話 045-580-7180 FAX 045-580-7181
もみの樹・渋谷本町
東京都渋谷区本町5-25-1 (平成27年12月開設)
電話 03-5333-1561 FAX 03-5333-1562

役員一覧

代表取締役 高山 隆夫
取締役 坂口 和宏
取締役 広瀬 元紀
監査役 山口 幸綱
執行役員 加藤 信次
執行役員 鈴木 利香

組織図

組織図

企業倫理

 私たちは、高齢者の皆さまに安心・安全・快適な暮らしの場を提供していく事業者として、お客さまサービスの充実に努めます。

 同時に、大和ハウスグループの一員として、その行動が企業倫理に反することのないよう、それぞれの立場や仕事の局面において、以下に定める「行動基準」を遵守します。

企業倫理遵守に関する行動基準

  1. 人間の尊重
    (1)安全を最優先します
    (2)人権を尊重します
    (3)環境に配慮します
    (4)働きやすい職場環境を整備します
  2. 法令等の遵守
    (1)法令を遵守します
    (2)契約を遵守します
    (3)社内ルールを遵守します

    (4)法令等を的確に遵守するため、その知識の向上に努め、かつその解釈に疑義等が生じた場合は社内外の関係箇所に必ず確認します

  3. 情報の適切な取り扱い
    (1)お客さま情報を厳正に管理します
    (2)機密情報を厳正に管理します
    (3)社内外の情報を適正に利用します
    (4)文書は正確に作成し、かつ適正に管理します
  4. 誠実な行動
    (1)お客さまや取引先と誠実で節度ある健全な関係を築きます
    (2)政治や行政と健全で透明な関係を保ちます
    (3)反社会的勢力に対して毅然とした態度で接します
    (4)公私のけじめをしっかりとつけます
  5. オープンなコミュニケーション
    (1)オープンに話し合います
    (2)社会と積極的なコミュニケーションを図ります